働きながら受給して精神的にも経済的にも安心感を

サイトメニュー

十分な証拠を集める

喜び

受給のためのポイント

昨今は一昔前と違いうつ病に関する理解が社会全体で進む様になりました。そのため、うつ病になったときは障害年金の対象になるのです。もしもこの病気を発症してしまい、体が思う様に動かなくなってしまった場合でも絶望し過ぎないようにしましょう。政府はこうした人のためにきちんと安全に暮らせるためのセーフティーネットを設けています。そこで障害年金を受給する方法について考えて見ます。注意すべき事は、うつだと分かれば誰でも気軽に年金を受給できるわけではないという事です。きちんとした厳格な審査があり、そこで認められた場合のみ障害年金の対象となります。そこで先ずは診断書をもらいましょう。医師から検査を受けて、専門家の視点から見ても確かに病気であると認められる必要があります。ここでどのぐらい状況が深刻なのか判断されることになります。そして次に大切なのが、病歴・就労状況等の申立書です。これは自分が今までにどの様な症状が出たのか細かく記載する必要があります。具体的にどういったトラブルが発生したのかを書いて、日常生活がいかに難しくなっているのかを説明していく必要があります。こうした準備をきちんとして、尚且つ公的年金を一定の期間納めた方のみが障害年金の対象になります。
ここで気になることは就労中でもうつ病を理由に障害年金を受給することが可能なのか、という事です。年金機構は仕事をしているという事で審査が不利になるという事がない、というふうに明言しています。ですが、先に挙げたような年金を受給するに値する明確な証拠が必要になってきます。つまり、仕事が出来るといっても、普通の人と同じように何でもこなせるわけではない、といったことを明確に示す必要があります。例えば、うつ病が理由で、仕事を行っていくうえで人と会話することが苦手であるために、会話が必要のない仕事のみしか行っていない、といったことです。他にも人がたくさんいるところが非常に苦手なので、通勤は電車で行えない等の理由です。こうしたことを可能な限り具体的に書いていく必要があります。年金機構は仕事をしているかどうかは影響ない、というふうに明言していますが、普通に勤務できる人間だと思われてしまうと、障害年金を支払う必要ない人だと思われてしまいます。職場で普通の人と同じように働けないこと、通勤もきちんとできないことを明確に表明して、尚且つ専門の医師からの診断書が必要になります。残念ながら就労の状況が判定に大きく影響したというケースもあるようですので、しっかりと準備をしていく必要があります。

Copyright© 2019 働きながら受給して精神的にも経済的にも安心感を All Rights Reserved.